ヘッディング 1

大東市の石岡行政書士法務事務所
相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。
TEL 072-800-4600 

遺言について=遺言には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言があります。

公正証書遺言とは、公証人の前で遺言者が遺言の内容を口頭で伝えて、それを公証人が文章にまとめて遺言にしたものです。原本は公証役場で保管し、正本・謄本は遺言作成者にそれぞれ1部ずつ交付されます。

自筆証書遺言とは、遺言者が全文、日付、氏名、自署、押印をする遺言です。作成自体は簡単ですが、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。(法務局の遺言保管制度を利用した場合は必要無し。)

※2019年1月13日以降に作成する遺言には財産目録に自書によらない書類の添付が可能になりました。

秘密証書遺言とは、遺言の存在だけを証明し、内容を秘密にするものです。
遺言者があらかじめ作成したものを公証役場へ持参し、証人2人と公証人の前で遺言を作成します。自書でなくても構いません。家庭裁判所の検認は必要で、要件が満たされていない場合、法的な効力が認められない可能性があります。

相続について=相続とは、相続開始日に被相続人(亡くなった方)が所有していた財産及び一切の権利義務を受け継ぐことです。配偶者や子供など被相続人と一定の身分関係にある法定相続人が相続人となります。相続財産は、相続開始日に遡って法定相続人に所有権が移行します。土地・建物などの不動産、現金、預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続されます。財産以外の地位(その人のみの権利である一身専属権や婚姻関係など)は相続の対象とはなりません。